メニュー

VAPEを使った禁煙方法をご紹介

喫煙者中で一度は禁煙を考えたことがあるでしょう。しかしタバコは依存性が強くやめることができません。そんな中でVAPEを使用して禁煙を行うことで禁煙に成功する人が多くいます。まずVAPEを使用して多かれ少なかれ本物とタバコとの違いに違和感を持つことがあるかもしれません。VAPEには多くの種類のリキッドと呼ばれる香りつきの液体が販売されています。そのため自分自身の好みに合うようにリキッドをいろいろ試すことで電子タバコに慣れ、VAPE自体を楽しんで使用することができます。その一方でこれまでタバコを吸っていたときにVAPEを使用することでタバコを吸う量を減らすことができます。VAPEは禁煙し始めたときに最もつらい口元のさみしさや手持ち無沙汰な状態がないため禁煙に成功できることが多いのです。

VAPEはタバコよりも安くおさえられます

タバコを1日に何本も吸ってしまう人にとって健康被害も気になりますが、その費用面でも大きな痛手となっているでしょう。一昔前まで200円代で購入できていたものも現在は倍以上の値段がかかります。この値上がりは今後も続いていくことが予想されます。VAPEを使用することでその費用も格段に安く抑えられるのです。通常のタバコを1日1箱消費するとして一ヶ月に14000円前後必要になります。これに対しVAPEは本体の購入が必要ですが、本体は5000円前後で購入することができ、リキッドは1000円前後で1日にタバコを1箱吸う人は10ミリリットル入りのリキッドが一ヶ月2本程度必要になります。また交換用のコイル、充電にかかる電気費用を加算するとVAPEを購入した初月は10000円程度かかりますが、翌月からは維持費のみの3000円程度で済ませることが可能なのです。そのため節約したい喫煙者にとってVAPEはおすすめです。

VAPEで喫煙所のコニュニケーションの維持も可能

喫煙者に多いのが禁煙によって喫煙者同士とのコミュニケーションや、喫煙所での会話がなくなると困るという意見です。職場の喫煙所などはオフィス環境と異なりリラックスした雰囲気で話ができるため重要なコミュニケーションの場であります。禁煙はしたいけどそう行った場で過ごしたいという人にとってもVAPEはおすすめです。VAPEはタバコとは違い有害物質を発生させないため、本来であれば喫煙所で吸う必要はありませんが、喫煙をしない人にとってはまだまだ認知度は低く、タバコを吸っていると思われるためトラブルをさけるために喫煙所での使用がすすめられます。そのため多少の副流煙による健康被害は気になりますが、禁煙しても喫煙所でもコニュニケーションはそのままはかることができるのです。またVAPEを使用することで新たなコミュニケーションの輪が広まる可能性もあります。