メニュー

VAPEと従来のタバコの違いを解説します

VAPEとは最新の電子タバコであり、以前に販売されたタバコの形をした電子タバコとは異なり、よりスタイリッシュであるデザインの電子タバコをVAPEとよびます。VAPEは少量の香りつきの液体を温めることによって煙りを発生させ、タバコを吸っていると錯覚できるものです。VAPEと従来のタバコの決定的な違いはVAPEにはニコチンが入っていないことです。ニコチンはタバコに含まれる有害物質であり、このニコチンを体内に入れることでタバコへの依存性が高まってしまう成分です。VAPEは単にタバコの味に近いものやメンソールの味に仕上げているだけであるため健康被害がありません。またVAPEから出ている煙は正確には香りつきの液体が熱されたことによる蒸気であるため火を使用していないため火災の心配や副流煙の被害がないことがあげられます。

VAPEで禁煙生活を送ってみましょう

一日何本もタバコを吸う人にとって、やはり心配なのが健康被害です。喫煙をしている人はしない人よりもがんの確率や心筋梗塞、狭心症、クモ膜下出血など多くのリスクが高まる傾向があります。そのため禁煙を考える人も少なくありませんが、ニコチンという有害物質によって依存性が高くなかなかやめることができません。VAPEにはニコチンが入っていないにもかかわらず、タバコに近い味付けで、蒸気がタバコの煙のように仕立てられているためVAPEを使用することでタバコを吸っているような錯覚になり、実際のタバコをやめたり、減らしたりすることが可能です。またタバコを吸っている人の多くは禁煙中に手持無沙汰、口元がさみしいといった理由からまた喫煙してしまう場合がありますがこれにおいてもVAPEを利用することで解決することができます。

VAPEのには法的に年齢制限がありません

電子タバコのVAPEには購入や使用にあたって年齢制限がありません。これはニコチンの入っていない他の電子タバコも同様です。年齢の制限がない理由は法律で定められていないことやニコチンなどの健康被害がないことから、現在法律で規制がかかっていないためです。そのためタバコは20歳以下は法律によって吸うことは不可能ですが、VAPEは学生であっても購入できてしまいます。しかし電子タバコを使用する姿は遠くから見ると従来のタバコを吸うときと酷似していることや、味がタバコに近いという面から販売店が自主的に規制していることが多く、購入には身分証明書の提示や年齢の確認が必要になります。そのためVAPEも20歳以上での利用が無難です。未成年で使用したい場合はインターネットで購入することが可能ですが、まわりの理解を得てから購入するようにしましょう。